スワンナプーム空港

スワンナプーム空港

タイ最大の国際空港がスワンナプーム空港です。

2006年の開港で、年間6000万人を超える利用者数がいます。

スワンナプーム空港
スワンナプーム空港

入国審査

一番心配なのが入国審査ですね。

混み合う時期には2、3時間待ちということもあります。

実は入国審査エリアは二つあります。片方のの入国審査ブースが混雑しているが、もう一方はそんなに混んでいないという時もあります。

そんな時に注意していただきたいのが下の写真のサインです。

スワンナプーム空港
スワンナプーム空港

次のゾーンが(審査が)早いです。と表示されています。距離は150mありますが、混んでないほうがいいに決まっていますね。

入国審査で調べられること

ビザなし入国の要件

1 パスポートに6ヶ月以上の残存期間
2 帰国のチケットを持っていること
3 当面の生活費を所持していること

このほかに、よく調べられる点があります。

タイへの入国回数と滞在日数です。この二つは入国審査官のコンピューターには数字で表示されるようで、回数が多い人、滞在日数が多い人の場合は審査官の表情も変わるかもしれません。

その場合質問されるのは、

タイで働いていませんか?
どこに泊まりますか?
所持金はありますか?

つまりタイでの不法就労が疑われるのです。

ビザラン

近隣の国のタイ国大使館でビザの発給を受けていても安心はできません。

2014年に制定された「ビザラン規制法」によりビザランは不法就労の原因になるものとして規制の対象になっているようです。

日本のタイ国大使館で次のビザを申請する時も、パスポートにビザランやラオスなどの入国スタンプがあると、何をしに行きましたか?などと質問責めに会うという例もあります。

他国の大使館でビザを取得するビザラン自体は違法な行為ではありませんが、歓迎されない行為ではあるようです。

タイで最強のビザ

タイランドエリートの会員は電話一本で、タイ最強の長期滞在ビザ、タイランドエリートビザを受給できます。

5年マルチプルビザで5年間の居住が可能になり、何度でも入出国が可能という特別なビザです。

タイランドエリートビザ

タイランドエリートビザ


タイランドエリートご入会のお問い合わせ