セカンドパスポート

セカンドパスポート

世界ではセカンドパスポートへの関心が高まっています。

母国の他にもう一カ国のパスポートを購入し、居住の選択肢を増やそうという方が増えています。

日本では二つのパスポートを所持することは認められていませんが、海外居住権への関心は高まっています。海外旅行が誰でも簡単にできるようになり、世界でも最強と言われる日本のパスポートで世界中を訪問できる昨今ですが、居住権となると話は別です。

海外居住権

海外を旅行で訪れるのは簡単ですが、その国が気に入り長期滞在、または移住したいとなると話は別です。

長期で滞在するためにはビザが必要ですが、長期のビザはなかなか手に入りません。

そんな中、外国人でも購入可能な海外居住権を販売している国もありますが価格は非常に高額です。

タイでの長期滞在と移住

タイの場合、日本人はビザなしで30日まで滞在できます。

しかし短期滞在を繰り返す行為はビザランとしてタイの法律で禁止されており、入管で入国を止められます。

タイで就職する場合はBービザを取得し、さらにワーキングパーミットを取得することになります。滞在は90日で、長期の滞在には入出国を繰り返す必要があります。

タイで就職しないノマド、投資家の場合はビザの種類は観光ビザになります。

観光ビザは60日、または90日で発給されます。タイ国内で30日の延長ができます。その後日本に帰国して同じことを繰り返しますが、年間180日の滞在を超えると、続けての観光ビザの申請は却下されることが増えています。

観光ビザでの長期滞在は、タイでの不法就労を疑われることが一因と思われます。

最長20年の居住ができるビザ

そんな中、タイに最長20年の滞在が可能になる国家による長期滞在プログラムがタイランドエリートです。

タイが投資家、ビジネスマン、ノマドワーカーなどをタイの友人として暖かくお迎えするために2003年にできた制度で、タイの法律で認められた特別な長期滞在ビザも発給されます。

5年マルチプルビザ

タイランドエリートメンバーだけのために法律で認められた特別な長期マルチプルビザです。長期滞在と頻繁で快適な入出国を可能にします。

タイランドメンバーには5年、10年、20年とメンバー期間に応じて5年マルチプルビザが発給されますので、メンバーは最長20年間のタイ滞在ができるようになります。

長期滞在プログラムとしてはリーズナブル

高額で販売される海外居住権やセカンドパスポートなどと比べると、タイランドエリートははるかにリーズナブルに居住を可能にする制度です。

タイランドエリートのビザに関する詳細はこちら

タイランドエリートのメンバーシップに関する詳細はこちら

タイランドエリートご入会のお問い合わせ