タイに移住

タイに移住

タイを何度か訪れるうちにタイを好きになり、移住を希望する人が増えています。

タイの魅力を探ってみましょう。

アパートが安い

バンコクの市内中心部でも1万バーツ(3万5千円)で家具付き、プール、ジム、共用部分にラウンジがついた物件を借りることも可能です。

また、賃貸は基本1年契約で、家具家電付きが多いため引越しの手間もかかりません。

食事が美味しい

食事も世界各国の料理が選べるだけでなく、美味しいのも特徴です。

日本食もいたるところにあります。日本食のみで全ての食事を済まそうとすれば、日本にいるよりは食費がかさむでしょう。

暖かい

何よりここに魅力を感じる人が多いでしょう。

NOMAD Paradice

WIFI環境も整っており、市内にコワーキングスペースも充実しているバンコクはNOMAD Workerにとって、ある種のパラダイスと言えます。

移住するには

住むところの下見も終わり、いよいよ移住の本格的な準備を始めるとしたらどこから始めればいいのでしょう。

ビザの手配

NOMAD Workerや投資家が移住するとなると、ビザの種類は観光ビザになるでしょう。他には学生ビザ、ワーキングビザなどもありますが、学校にも通わない、会社勤めもしないとなると、観光ビザとなります。

観光ビザでの移住には問題があります。

観光ビザは60日、あるいは90日のものが在日タイ大使館で発給されます。

このビザはタイ国内で30m日延長できます。

しかし、このビザを繰り返し取得することでの長期滞在はできません。

基本的に観光ビザでの連続ステイは180日までとされているようで、180日を経過すると次の申請は却下されるようです。

タイランドエリートの長期ビザ

タイの国営長期滞在プログラムは、タイへの快適で楽しい居住と入出国を楽しんでいただくためのものです。そのメンバーには、タイランドエリートのメンバーだけが入手できる特別なビザ【5年マルチプルビザ】が発給されます。

タイランドエリートメンバーは、メンバー期間に合わせて、5年、10年、20年の滞在を楽しむことができます。

タイランドエリートビザ
タイランドエリートビザ

前の記事

タイ入国に再してのご注意

次の記事

タイに移住するためのビザ