タイのビザ

タイのビザ

タイ渡航にビザは必要?

日本人はタイに観光目的で30日以内の滞在であればビザなしでの入国が認められています。
以前はビザなしで繰り返しタイを訪問し、長期滞在する日本人もおりましたが、最近はタイ入出国回数の多い外国人や通算滞在日数の多い外国人に対して、入国時にビザの取得を指導するケースが増えてきました。

また、渡航目的によってはビザは必要です。

タイのビザの種類

タイには目的によって多数のビザがありますが、大きく分けると4種類です。

観光ビザ

観光を目的とするビザです。
期間は60日。タイ国内で申請すれば、30日の延長も可能。

就労ビザ

ビジネス(会議含む)、教師、スポーツ指導、芸術関連のパフォーマンスまたは興行、インターンシップ(教育機関のプログラム以外(有償))など

教育ビザ


留学、スタディツアーや視察、プロジェクトやセミナーへの参加、会議や研修会への参加、インターンシップ(教育機関のプログラム(有償/無償)/教育機関のプログラム以外(無償))、僧侶修行など

その他のビザ

タイで働く家族への訪問・滞在、タイ国籍の配偶者や子供への訪問・
滞在、ボランティア,年金受給者としての滞在など

退職者ビザ

満50歳以上の仕事目的以外の方で、長期的にタイへの滞在を希望する方

タイのビザの申請方法

タイ国大使館や領事館で申請します。
日本以外の国のタイ国大使館でも申請することはできますが、日本にお住まいの場合は日本にあるタイ国大使館で取得することをお勧めします。


タイに長期滞在できるビザ

タイのビザではあまり長いビザというのはありません。制度上はあってもなかなか承認されません。

最も長いのは退職者用のビザ(1年間)でしょう。

タイの最強のビザとは

タイランドエリートのメンバーのためにタイの法律によって作られた特別なビザ、タイランドエリートビザは、タイ最強のビザとして人気が高まっております。

タイランドエリートの人気の理由は

タイランドエリートの人気の1番の理由は、メンバーに発給されるタイの最強のビザであるタイランドエリートビザです。タイに長期滞在するためには、ビザの更新や申請の手間が伴います。さらにビザが万一発給されない場合はタイに入国できない事態も起こりかねません。タイランドエリートビザはタイ移住を最も容易に実現できるビザと言えます。

タイランドエリートビザ

国家プログラム、タイランドエリートのメンバーが受給できるタイランドエリートビザは、5年マルチプルビザで、しかも入国のたびに1年間のタイ滞在許可が出ますので、タイ移住・長期滞在には最適なビザと言えます。

さらに、10年メンバーは5年マルチプルビザを2回、20年メンバーは4回受給できますので、最長20年のタイ居住が可能になります。

詳細はこちら

タイランドエリートご入会のお問い合わせ