タイの入国審査でO-Iの書き込み

タイの入国審査でO-Iの書き込み

タイの入国審査の際に、パスポートに押される入国スタンプの横に”O-I”と書き込まれる人が増えています。

また、次の入国には正規のビザを取得してください、と告げられる人もいるようです。

はたしてこれは何故なんでしょう。

タイのビザラン規制

日本人のタイ入国について、帰国便のチケットを持っていること、タイでの生活費を持っていることなどを条件に、観光目的であればビザなしでの入国が認められています。

その一方、タイではタイに不法に長期滞在し、不法就労したりする問題の多い外国人に対する対策に頭を悩ませてきました。

そうした中、2014年にタイでできた法律がビザラン規制法です。

ビザランとは、短期のビザが切れそうになると近隣の国へと出国し、再度入国することでタイに長期滞在する行為のことです。

そうした行為を減らすためにできたのがビザラン規制法です。

具体的にいうと、ビザランとおぼしき人に対して、上記のような指導を行います。

タイの厳しい罰則

ビザ取得の指導が出た後、ビザなしで再入国しようとするなどの違反があると、タイには入国出来ない場合があります。

その場合、入国拒否として、自分の乗ってきた飛行機会社と交渉の上、自国に帰る必要があります。費用は自己負担となります。

タイランドエリートご入会のお問い合わせ