タイの入国審査

タイの入国審査で調べられること

タイの入国審査は時間がかかることでも有名です。

じっくり時間をかけて調べていることとは。

タイは一時期バックパッカーの聖地となった時期がありました。世界各国からバックパッカーがタイを訪れビザランやオーバーステイなどでタイに長期滞在し、不法に就労するなど社会問題になりました。

2014年にビザラン規制法という法律が制定されビザランに関する取り締まりも厳しくなってきました。

そうした中、タイの入管では、パスポートの記録による過去のタイ滞在日数や、入国回数などを注意深く調べるようです。

タイでの滞在日数と入国回数

公表はされておりませんが、ビザなし、あるいは観光ビザでの年間滞在日数は180日以内とされているようで、それ以上、あるいはそれに近い滞在日数がパスポートで確認できると、審査官のチェックも厳しくなるようです。
タイを頻繁に訪れ、ビザなしで30日滞在したり、滞在の延長をして60日滞在したりしていると通算のタイ滞在日数はどんどん増えます。

また、年間の渡航可能回数が公表されているわけではありませんが、繰り返し入国していると、タイに何をしにきましたか? タイで働いていませんか? などの質問を受けることが多いようです。

近隣の国への入国履歴

もちろん、近隣の国へ入国すること自体には問題はありません。

ここでチェックされるのは、ビザなし入国の期限が近くなると近隣の国へ出国し、サイドタイに入国するビザラン行為です。

ビザラン履歴

隣国に出国し、その国のタイ国大使館、領事館でビザを取得してタイに再入国する行為をビザランと呼んでいます。

ビザなしで再入国するのもビザランと称される場合もあります。

こうした行為はパスポートにはっきりと残るのでその回数を入国審査官がチェックすることが多いようです。

O-Iの書き込み

パスポートやコンピューター上の履歴をチェックした結果、入国管理官が「今回の入国は認めますが、次の入国には精勤おビザを取得してください。」と指導することがあります。

その指導をされる場合は入国スタンプの横に”o-i”と書き込みされます。

これは、”アウトーイン”の略です。この書き込みを受けたら、次回のタイ入国の前にタイ国大使館で正規のビザを取得しましょう。

入国拒否

最悪の場合、入国管理官の判断でタイへの入国を拒否されることがあります。