タイの入国審査

タイの入国審査

タイの入国審査は混み合いことで有名です。

年間4000万人と言われる入国者が利用する国際空港ですから、混み合う時期には入国審査に大変な長さの行列ができます。

入国審査

入国審査ブースは複数あります。混み合う時期には多くの入国審査ブースが稼働しますので、空いているブースを探して並びましょう。

入国審査ブースで行うこと

パスポートと入出国カードの提示

入国審査官の前に立ち、パスポートと記入済みの入出国カードを提示します。

パスポートは6ヶ月の残存期間が必要です。

指紋のスキャン

ブースに設置してある指紋スキャナーで指紋を登録します。

写真撮影

ブースに設置してあるカメラで写真を撮影します。

質問

審査官から質問がある場合もあります。

帰国チケットの提示

帰国または出国(他国への)のチケットの提示を求められる場合もあります。

ビザなし観光の場合は、往復チケットの所持は条件になっています。

条件付きの入国

ビザなしでタイに年間の入出国回数が多い場合、通算滞在日数が多い場合など、入国審査官の判断で、次回の入国には正規ビザの取得を求められたり、最悪の場合入国拒否のケースもあります。