タイの観光ビザ

タイの観光ビザ

タイのビザなし観光

日本とタイとの取り決めで、日本人はタイに30日以内の観光での入国をビザなし(Visa Exemption)での入国ができます。

その条件とは

  • 往復の航空券を所持していること
  • パスポートの残存期限が6ヶ月以上あること
  • 当面の生活費を所持していること

となっています。
かつては、この制度を利用して頻繁にタイに入国することもできていましたが、最近は事情が変わっています。

1 ビザなし入国の回数の多い人
2 ビザなしでの滞在日数の多い人

には、「次の入国には正規のビザを取得してください」と入国審査官が指導するケースが増えてきました。

そこでタイ国大使館、領事館で観光ビザを取得するケースについて検証してみます。

タイの観光ビザ

観光ビザはタイ国大使館、領事館で申請します。

ビザの期間は60日です。タイ国内で30日の延長の申請をすれば、90日の滞在が可能になります。

ビザはシングルビザです。一回入出国をすればそのビザは無効になります。

タイに観光ビザで長期滞在

観光ビザを繰り返し取得することでタイに長期滞在ができるのでしょうか?

実はタイでの観光ビザの滞在の目安は年間180日までとなっているようです。

2回観光ビザを続けて申請すると、3回目は申請を却下されることが多く、またビザなし入国の回数や滞在日数によっても観光ビザの発給に制限が出る場合があるようです。

タイランドエリートビザ

タイの国家プログラム、タイランドエリートのメンバーに発給されるビザは、大使館で発給されるどのビザとも異なる、特別なビザです。

最近、タイに長期滞在を希望する外国人でタイランドエリートビザ取得のために、タイランドエリート入会を希望する人が増えてきました。

タイランドエリートご入会のお問い合わせ