タイビザラン規制法

タイビザラン規制法

タイでは2014年にビザラン規制法が成立しました。

この法律は外国人バックパッカーがタイに多数長期滞在し、近隣の国への入出国を繰り返すことでタイに長期滞在をして、不法就労するなどの状況を規制するための法律です。

この法律によると2回目以降の入出国、つまり3回目の入国時には次のタイへの渡航には正規のビザの申請を指導するというものですが、実際には何度入国しても指導されない人も多くいるようです。

日本人のビザ無し観光

日本とタイの間ではビザ無しで30日間の観光ができる、という取り決めがあります。基本的には日本人はビザ無しでタイに入国し、30日間の滞在が認められます。

2014年制定のタイのビザラン規制法はこの取り決めと相反する部分があります。そのため観光での短期の入国であっても、何度目かに「次の入国には正規のビザを取得してください」と指導されることもあります。

入国管理官による指導とO-Iの書き込み

入国審査の際に、入国審査官の判断で「次の入国には正規のビザを取得してください」と指導されます。と同時にパスポートの入国スタンプには”O-I”と書き込まれます。

”O-I”はOut -Inの略で入出国を繰り返している、ビザランの可能性あり、との申し送りです。この指導歴は入管のデータベースにも記録されます。

指導を無視してビザを取らずに入国しようとすると、入国拒否などの可能性もあります。

また、学生ビザを取得し、実際には学校に通っていない例も多くなり、実際に学生ビザを取得していながら、入国拒否されるケースも出ているようです。

オーバーステイ

タイでのオーバーステイには罰則があります。

オーバーステイでの罰金は1日あたり500バーツ。

オーバーステイが90日を超えるとタイ入国禁止の処分がありますので注意が必要です。

  • 90日を超えるオーバーステイ  1年間入国禁止
  • 1年を超えるオーバーステイ   3年間入国禁止
  • 3年を超えるオーバーステイ   5年間入国禁止
  • 5年を超えるオーバーステイ   10年間入国禁止

入国審査官

世界どの国においても入国審査官は強い権限を与えられています。口論などは避けるようにしましょう。

タイランドエリート ビザ

タイランドエリートのメンバーには、5年マルチプルエントリービザ(メンバー期間に応じて10年、20年もあり)が発給されます。

このビザはタイの法律でタイランドエリートのために認められた特殊なビザです。

  • 年間何回でも入出国が可能です。
  • 毎回入国のたびに1年間の滞在が認められます。(出国せずに延長も可能)
  • リエントリーパーミットは不要です。
  • 申請もメンバーはCCC(カスタマーコンタクトセンター)に連絡するだけです。

タイランドエリートはタイ長期滞在を目的とする方達にも多く加入いただいております。

次の記事

タイの仏教