タイランドエリートご利用例

タイランドエリートご利用例

タイランドエリートでタイ移住

タイ移住を希望する方は年々増えています。一方でタイのビザに関する規則は年々厳しくなっております。

観光ビザはマルチプルを申請しても、シングルしか発給されないようです。

また、観光ビザも続けて申請しても、年間での居住日数を超えると(年間180日まで?)次の申請を却下されるようです。

そんな中、タイランドエリートの5年マルチプルビザは、タイ移住のオンリーワンのビザとして人気が高まっております。

タイランドエリートで入出国時間短縮

仕事の都合で年間何度もタイへの入出国がある人にとって、タイの入出国は一つの大きな難関でした。

観光客で混み合う時期になると、入国審査待ちの行列が長蛇の列となり、2時間待ち、3時間待ちということも多々起こります。

また、この時期にはタクシーなども非常に混み合い、入出国に大きな労力が必要なこともあります。

そんな方達に朗報なのが、タイランドエリートメンバーの空港VIP待遇+リムジン送迎。

入国時にはEPA(エリートパーソナルアシスタント)がお出迎えし、空港内をフルアテンドし、専用入国ラウンジで行列なしの入国審査、リムジンが後宿泊先まで送迎してくれるタイランドエリートのサービス。一度経験すると病みつきです。

タイランドエリートで不動産投資

タイで不動産投資をする場合、購入資金は日本からタイの銀行口座に送金する必要があります。また不動産を賃貸する場合も、銀行口座が必要です。

タイでは、外国人旅行者は銀行口座を開設できません。

そんな時、タイランドエリートの銀行口座開設特典は喜ばれております。

タイランドエリートでノマド

日本でのノマド生活で、会社に通勤することなく自営で仕事をする方も増えてきました。そうした方々にもタイランドエリートは人気です。

50歳以上の退職者には、退職者ロングステイビザというジャンルの長期ビザ(期限は1年間、滞在許可は90日)が存在しますが、50歳未満には長期滞在できるビザが存在しません。

そんなノマドワーカーにもタイランドエリートは人気です。

タイランドエリートでゴルフ合宿

日本の冬はゴルファーにとってオフシーズン。

寒い冬にもゴルフがしたいのがゴルファー心理ですね。

そうした日本人ゴルファー、ゴルフプロにも冬場の練習場所に人気なのがタイです。数多いゴルフ場、練習にも最適な料金の手頃なゴルフ場もいっぱいあります。

長期滞在してのゴルフ合宿、週末を利用してのゴルフ三昧など、利用方法は様々。

送迎リムジンは、十二人乗りのコミューターバンに無料で変更できますので、早朝便で到着して、ゴルフ場直行も可能です。

タイランドエリートで家族で移住

ご家族でのタイ移住も増えています。

やはりこの場合も1番のお悩みはビザです。

ご夫婦で加入できるエリート会員にお子様も家族会員で追加できます。

タイランドエリートで日本非居住者

タイに移住なさる場合、日本の役所に海外転出届を提出して日本の住民税、年金を一時停止することもできます。

また、タイの日本大使館では、3ヶ月以上の居住者について在留届を受け付けているようです。

タイランドエリートご入会のお問い合わせ