タイ移住の第一歩

タイには日本人はビザなしでの入国が可能で、30日間の滞在が認められます。

滞在中に一回のみの延長も可能で、合計60日の滞在が可能です。

かつてはこれを繰り返して、タイに長期滞在するバックパッカーもたくさんいました。

しかし、こうした長期滞在者が増えるに従い、ビザ事情は変わってきました。

年々厳しくなるビザ

タイに限らず世界中の多くの国で、入国ビザに対する対応が厳しくなる傾向にあります。

ビザなし観光

タイへのビザなし観光は、かつては回数に制限なく、何度でも入国が可能でした。現在でも回数制限が発表されているわけではありませんが、実際にはビザなしで入国しようとして、入国審査官から「次は正規のビザを取得してください」と指導される人が急増しています。

ビザラン

タイ滞在中に、隣国に出国しビザを取得し(あるいはビザなしで)タイに再入国する行為を総称してビザランと称しています。

以前は簡単で安価でタイでの長期滞在を実現する方法として、活用する人が多くいました。

しかし、タイ国会は2014年に「ビザラン規制法」を制定し、ビザランを正式に取り締まる方向を決めました。隣国のタイ国大使館などでビザの受給を受けること自体は合法であり、問題はないのですが、この取り締まりは外国人が長期滞在のために、ビザランを行うことで、タイに長期滞在し、違法就労したり、タイの秩序を損なうような行為をすることがタイの社会問題となったことに起因します。

そのため、例えば、日本人のパスポートにビザランの記録が認められると、入国審査や、タイ国大使館でのビザ申請の際に、質問責めにあったり、最悪の場合、入国拒否やビザの申請却下のケースもありますので、注意が必要です。

タイ長期滞在を可能にするビザ

そんな中、タイの大使館では扱いのない、特別な長期滞在を実現するビザが存在します。

タイランドエリートビザ
タイランドエリートビザ

タイランドエリートビザ

タイランドエリートビザは、タイの法律で国家長期滞在プログラム、タイランドエリートのメンバーのために特別に認められたビザです。

ビザ期限が長い

通常のビザは6ヶ月、9ヶ月など短いものが多いのに対し、タイランドエリートビザは、5年間の長期のビザです。

タイの長期の居住を希望する人には最適のビザです。

入出国の回数制限なし

タイランドエリートビザはマルチプルエントリービザです。

シングルビザの場合は、入国後に出国するとビザが無効になってしまうのに対し、マルチプルビザの場合は、期限内に何度でも入出国でき、リエントリーパーミットなどは必要ありません。

入国のたびに1年間の滞在許可

タイランドエリートビザでの入国に際しては、1年間の滞在が許可されます。

つまり、1年間連続してタイ居住が可能です。

1年後になんらかの理由で出国できない場合は、手続きをとることで滞在の延長も可能です。

タイランドエリートご入会のお問い合わせ