タイ移住ビザ

タイ移住ビザ

タイ移住する場合ビザはどうすればいいでしょう?

こんな疑問にお答えします。

50歳以上の退職者ビザ

タイでは50歳以上の退職者対象にリタイアメントビザというビザがあります。
取得すると1年間の滞在が可能になります。

申請に必要な条件

タイの銀行に80万バーツの預金実績
日本での年金収入の証明(月額6万5千バーツ以上)
無犯罪証明(英文)
健康診断書(英文)
申請料 22000円

その他疾病保険購入義務あり

50歳未満の長期ビザ

50歳未満になると、長期のビザはありません。

タイで就職する場合はビジネスビザ
タイで勉強する場合は学生ビザ
タイで就職しない場合は観光ビザ

を申請することになります。
いずれの場合も、期間は60日か90日となります。

大使館では扱っていない特別の長期ビザ

大使館や領事館では扱っていない特別なビザが存在します。

タイの国家長期滞在プログラム「タイランドエリート」のメンバーのためにタイの法律で認められたビザ、【タイランドエリートビザ】がそれです。

5年マルチプルビザ

他のビザではありえない5年という長期のビザです。

しかもマルチプルエントリービザですので、何度でも入出国が可能です。
シングルビザだと必要になるリエントリーパーミットは必要ありません。

申請は簡単・無料

タイランドエリートのメンバーになればタイランドエリートビザの取得は簡単です。

カスタマーコンタクトセンターに電話かメールで申請していただくだけで、5営業日後には受け取りができます。

タイランドエリートメンバーは入会時に入国管理局の審査を受けているので、ビザ申請のための書類は必要ありません。

受け取りも簡単

ビザの受け取りも簡単です。

スワンナプーム空港で入国の際に受け取りができます。

空港でメンバーをサポートするエリートパーソナルアシスタントがお手伝いしますので安心です。

タイランドエリート専用ラウンジ
タイランドエリート専用ラウンジ

タイランドエリートご入会のお問い合わせ