タイ移住

タイ移住

タイ移住を希望なさる方が増えています。

移住と難しいことのように思いますがそうでもありません。

日本の非居住者となり、タイの居住者となる

日本の役所の基準では1年以上海外に滞在するのを目安として転出届を出すことを勧めているようです。

転出届自体は居住する役所に書類を提出するだけで簡単です。

その後、タイの日本大使館に在留届を出します。
旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在する日本人は、その住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられているそうです。

年金の支払いは

国民年金の支払いも届出することで停止することもできます。

医療保険は

タイでの医療保険ですが、日本から出発前に旅行者保険に加入する方法もあります。

タイで医療保険を購入することもできます。

タイ長期滞在のビザは

タイで就労する場合は、ビジネスビザとワークパーミットを申請することになります。

タイで就労せずに、単に居住するだけの場合は、観光ビザを申請しますが、年間180日以上の居住は申請が受付されない場合があります。

そんな場合は、タイランドエリートの特別なビザタイランドエリートビザの受給をご検討ください。

タイランドエリートビザ

タイランドエリートビザでは5年単位で最長20年の滞在が認められます。

それだけでなく、毎回入国のたびに1年間の滞在が認められたり、入出国の際には空港でVIP待遇が受けられたり、90日レポートも代行で依頼できたりと、まさに長期滞在に最適のビザです。

タイランドエリートご入会のお問い合わせ