退職者ビザからエリートビザへの切り替え

退職者ビザからエリートビザへの切り替え

50歳以上の退職者ビザ向けに、タイに1年間滞在できる退職者向けビザというビザがあります。

退職者向けのビザはOーAビザとも呼ばれ、1年間の滞在ができるビザとして人気です。

エリートビザへの切り替え希望者が増加

最近では、申請手続きが楽でより長期のタイ滞在ができるタイランドエリートビザに変更する方が増えています。

退職者ビザタイランドエリートビザ
ビザ期間1年5年
入国の際の滞在許可90日1年
ビザ申請書類ビザ申請用紙
写真
パスポートコピー
経歴書
金融証明書
無犯罪証明書
国公立病院発行の健康診断書
健康保険証明書
航空券
タイの居住地を証明する書類
入会申請書
パスポートコピー
写真
入会申請大使館に持参Eメールで簡単申請
預金80万バーツを預金規則なし

ビザ申請に際してのご注意

退職者ビザに限らずタイ滞在中にルール違反があると次のビザ申請の際問題になる場合があります。

例えば、退職者ビザの場合は

*預金残高保持のルール
 申請時には80万バーツの預金が必要で、ビザ取得後も3ヶ月は預金残高を保持。その後は一定金額を保持。というルールがあります。

*一回の入国での滞在許可は90日です。90日を超えたタイ滞在はオーバーステイ になります。

こういう規則を守らないと、次のビザ申請の際に問題になることがあるのでご注意ください。

タイランドエリートご入会のお問い合わせ